隣人トラブルには要注意

| 情報収集をしよう |

事件に発展することもある隣人トラブル

時に、隣人トラブルは命にかかわる問題に発展することがあります。
以前はピアノの音を「騒音」として抗議していた男性が、隣室の母親と娘を殺害するという事件が起きました。
これは過激な例ですが、隣人トラブルから心を病み引っ越しを余儀なくされてしまった人もいます。
隣人トラブルは頻繁にありすぎるために「たいしたことはない」と言われてしまいがちですが、その様に判断するのではなく、きちんとした解決方法を模索することが大事です。
では、この様な隣人トラブルを回避するにはどうしたらいいのでしょう?
隣人トラブルを避ける方法について考えましょう。

隣人トラブルの怖さは知っておくべき

隣人トラブルは、たとえば騒音問題であるとか性格があわないとか、その程度のトラブルです。
「なんだ、だったらいいじゃないか」と思うかもしれません。でも、こういう「些細なこと」が一番厄介であることを頭に入れておかなくてはなりません。
「たいしたことがない、些細な問題」だと、警察がなかなか動いてくれません。
「あくまでご近所トラブルだから、自分たちで解決してね」というスタンスにされてしまうというのは大きなデメリットです。この様なことを考えても、隣人トラブルの厄介さは思った以上。その怖さは知っておきましょう。

一番多いのは騒音問題

ご近所トラブルにもいろいろな種類がありますが、中でも特に多いトラブルが「騒音」。
時には訴訟にまで発展するほど、騒音問題は非常に大きな問題です。一番多いのは子供の足音ですね。小さい子供だと、床をペタペタと歩きますから、それを「煩い」という人が非常に多いです。
しかし、どんなに対策をしたとしても、足音は完全に消すことはできません。

そこからトラブルが大きくなってしまうという悪循環が起きています。一人暮らしの場合はこのようなトラブルが起きることはほぼありませんが、それでも「騒音問題が全くない」というわけではないので気を付けましょう。

特に、お風呂に入る時間や洗濯機を使う時間には注意。時には掃除機の音も懸念されてしまいがちなので、注意する必要があります。こういった小さい配慮がご近所トラブルを防ぐので、できる限り対応されるといいでしょう。せっかくの一人暮らし、楽しく生活をしたいですよね。だからこそ、隣人トラブルが起きない様にきちんと周囲に配慮して生活をすることが大事です。
人を不快にさせない様に注意しながら、生活をしていきましょう。