掃除機の選び方

| 家電を選ぼう |

掃除機を買うときに、悩むのがサイクロン式か紙パック式か?
キャニスタータイプかスティックタイプか?
コードレスかコード有りか?
どの程度の吸塵力のものを選ぶか?
さらに言えばロボットタイプはどうだろうか?
など様々なポイントがあります。

紙パックとサイクロン

紙パック式はゴミ捨ての時にホコリが舞い上がりにくいし簡単です。
しかし、紙パックにホコリがたまった状態で何日も置くので夏などは掃除のたびに悪臭が出ることもあります。
また紙パックは消耗品なので紙パック代がかかります。

サイクロン式の場合には掃除のたびにゴミ捨てをしなければなりません。
しかし、そのおかげで吸塵力についていえばサイクロン式の方が優れています。
価格の面では、サイクロン式より紙パック式の方が安く買えます。

スティックとキャニスター

一人暮らしの人の場合、掃除機の大きさも気になるところです。
ワンルームマンションに住む場合には、収納場所は非常に大切なことです。
収納に便利なのはスティックタイプです。

しかし、スティックタイプはヘッドが重くて狭い所を掃除するには、少し腕力が要ります。
キャニスター式はヘッドは軽いのですが、狭い部屋や段差が多い場所ではあとからついてくるキャニスターをいちいち持ち上げたり場所を変えたりしなければなりません。
部屋のレイアウトが単純でバリアフリータイプならキャニスター式の方が移動が楽にできます。

スティック式とキャニスター式では価格にはあまり差がありません。
安価なものは3000円程度からあります。

コードは有り?無し?

コードレスは移動が簡単ですが継続して使える時間に限りがあります。
コード式ならたまに時間をかけて掃除をしても問題ありません。
一人暮らしのワンルームならそんなにも時間をかけて掃除機をかけることもないのでコードレスで十分間に合います。

掃除機の性能

掃除機の性能を表すのは吸引仕事率です。
単位はワットで数字が大きくなるほど吸引能力が大きい性能のいい掃除機ということになります。

カーペットのホコリもきれいに取りたいなら300ワット以上の吸引仕事率が必要になります。
掃除機には消費電力も表示されています。消費電力が少なくて吸引仕事率が大きい掃除機が高性能の掃除機ということになります。
ただし、吸引力が強いということは排気率も大きいということなので吸引率の強い掃除機を使うときには換気が必要です。

価格は吸引仕事率が大きくなるほど高くなる傾向にああります。
部屋の中でホコリが出るような仕事をしていたり、ホコリが付いたまま帰宅するような職種の場合には一人暮らしでも吸引仕事率野大きい掃除機が必要ですが、一般的には一人暮らしなら価格、収納の利便性を考えると、小型の吸引仕事率200ワット程度あれば困りません。

掃除をする時間が取れないという場合にはロボット式も使えますが、掃除機自体が高価なことと電気代が高くつくことは覚悟しなければなりません。
また部屋のレイアウトも単純にしておかないと一か所で引っかかって動けない場合もあります。